アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは古代インドの書かれた4つのヴェーダ文献(聖典)に起源を持ち、その歴史は3千年とも5千年とも言われています。


Ayurvedaという言葉はAyus(生命・人生)という言葉とVeda(科学・知識)という二つの言葉から出来ています。つまり「生命の化学」「人生についての知識」がアーユルヴェーダなのです


古代に生まれたアーユルヴェーダですが、決して「古びた知恵」ではありません。世界保健機構(WHO)でも病気予防・健康維持の伝統医学として認められており、世界各国で代替補完医療として使われています。古代から現代に引き継がれ、その時代や国や文化に合わせて使う事の出来る「生きている知恵」なのです。


心も身体も健康で、幸福な毎日をおくることができて、周りの人までも幸福にしてしまうような…そんな質の良い人生を送るための知恵がアーユルヴェーダなのです。


そのために、健康維持、増進にとても力を入れています。「病気になってしまってから治療するよりも、病気にならない身体作りを擦る方が賢明である」という考え方です。この予防医学の知識こそが、私達の日々の生活にとても役立つ知識となります。古典には健康をまもるための朝起きてから寝るまでの1日の生活法、季節に合わせた生活法などが細かく記されており、専門知識のない一般の人でも簡単にアーユルヴェーダを取り入れることができます。


少しお話が硬くなってしまいましたが、日々の生活の中に少しづつ取り入れてみませんか?

きっと今よりも輝ける未来が訪れます。